NPO法人 府中かんきょう市民の会

政策提言



[主な政策提言]

・ 2010年(平成23年)6月 「府中崖線の緑や湧水の保全を求める」と題して、当会の浅田市議から第2回定例市議会で一般質問を行った。 (府中崖線の1.5fをこれ以上減らさない方針が決定された。また、ボランティアや地域住民と協力して崖線の保全に努力するとの方針も決まった)

・ 2009年(平成22年)11月 「農業公園早期整備に関する要望」を市長宛に提出。 (農地保全のための諸事業や市民が農地と係わり合いを持ち、農業の大切さを学び緑地としての農地を保存していくための施策として「農業公園」の早期整備を要望した。本件について市長から解答があり、市の諸計画にも計画されており、検討中である旨の回答があった。ただし、当会が提案した「協議会の設置」については困難との解答であった)

・ 2009年(平成22年)4月 「西府崖線及び周辺の環境保全について」市長宛に要望書を提出。 (2009年3月に「西府駅」が開設され、駅周辺の自然環境・景観保全や事業推進について要望した。本件について5月に市長から回答がなされたが、当会の要望と意見がかみ合わず、消極的な内容であった)

・ 2008年(平成21年)11月 「府中基地跡地の国立衛生研移転予定地の生態系調査」について意見書を提出。 (衛生研からの意見書提出要望に応じて当会及び府中野鳥クラブ、浅間山自然保護会との連盟で意見書を提出した)

・ 2007年(平成20年)2月 「環境基本計画に基づく環境行政推進体制の強化拡充について」および「水と緑のネットワークの充実を求めて」と題して、平成20年第1回府中市議会定例会で当会の西宮市議と遠田市議がそれぞれ質問を行った。 (環境審議会が2年ほど開催されておらず、環境行政が滞っている。また、西府湧水が枯渇寸前状態であり、保全が必要である旨質問した)

・ 2006年(平成18年)11月 「府中崖線等の保全に関する陳情」を市長宛に提出。 (緑の景観資源として崖線保全条例の制定と崖線を破壊する道路建設に反対する陳情)

・ 2006年(平成18年)9月、10月 「多摩広域基幹病院および小児総合医療センターの整備事業に関する質問書」を備邦彦都議会議員名で石原都知事宛に提出。 (国分寺崖線内での病院建設であり、都の景観条例で定められている建物の高さ制限を守ることと、崖線上の樹木伐採を行わないように求めたもの。また、本件について府中市主催で公聴会が開催され、当会より4名が公述人として意見を述べた)

・ 2005年(平成17年)3月 「ふるさと景観の保全と創出」に関する陳情を市長宛に提出。 (平成17年1月29日に開催したシンポジュームで市民提案として採択されたもので、四谷日新町地域を「ふるさと景観保全地区」に指定するよう陳情した)

・ 2005年(平成17年)3月 「JR新駅開設周辺地区計画」に意見書を提出。 (学童クラブ下、南側の崖線上の樹木11本を残すよう強く申し入れし、9本が伐採を免れた)

・ 2005年(平成17年)2月 「JR新駅開設に伴う周辺区画整理事業」について「鉄道対策特別委員会」の手塚市議との面談を実施。さらに「都市区画整理事業担当」との面談も実施し直接要望した。

・ 2004年(平成16年)12月 「JR新駅開設とその周辺開発に関する要望」を市長宛に提出。 (区画整理事業の公開性と市民窓口の設置、駅周辺の自然と湧水の保全、特別緑地保全地区の指定、樹木伐採などを行う場合の事前アセスメントの取り入れ、ホタル池の整備 を求めた。また、本件について当会の会員4名で市長に面談を求め、踏み切り閉鎖の撤回などを要望した)

・ 2004年(平成16年)11月 「農地保全のための陳情書」を農林水産省、国土交通省並びに多摩地区の国会議員宛てに提出し、農地保全を図る国の政策転換を陳情した。

・ 2003年(平成15年)6月 府中市政施行50周年記念事業として「府中基地跡地を緑地空間とする事」「身近な水辺に清流を復活する事」を提案。

・ 2003年(平成15年)1月 「府中基地跡地利用」について市長との面談を求めた。 (市民に対する情報公開と住民説明会開催、衛生研移転に対する安全協定締結、緑地確保と環境調査の実施を求めた) →これに対して計画が具体化した時点で住民説明会を開催する事および市として緑地確保の面で約1.5fを公園予定地として確保する旨回答が示された。

・ 2002年(平成14年)6月、8月、9月、12月 「米軍府中基地跡地利用について」市長宛に要望書を提出。 (国が所有する15fにおよぶ広大な緑地空間の利用について、国が検討している利用計画、即ち国立医薬品食品衛生研究所(以下衛研)の移転と国家公務員宿舎建設計画について、市民合意を得ていない現状から、市として住民説明会の開催と、留保地の生態系調査を要望した)

・ 2001年(平成13年)9月 「大国魂神社の景観」を巡り、東京都に要望。 (大国魂神社の東隣にある「都営住宅」の建て替え計画について、東京都南部住宅建設事務所に対して、同神社周辺の景観が住宅建設によって損なわれる事の無いように配慮 を求めた。これに対して都は当会の要望に同意し、必要な対策を約束し景観上も配慮され、隣接する府中崖線も公園という形で復元された)

・ 2000年(平成12年)3月 「西府崖線保全についての要望書」を府中市長宛てに提出。 (JR新駅開設に伴う西府崖線を切り崩す道路計画に反対する意見書を提出した)